TOP > 漢方用語集 > > 細辛(さいしん) :生薬名

細辛(さいしん) :生薬名

漢方生薬の一つです。

ウマノスズクサ科のウスバサイシン、またはケイリンサイシンの根茎を乾燥させたものです。

細辛の名前の由来は、根っこが細くぴりっと辛い味がするからです。

古来より冷えや冷え症の症状に用いられてきた重要な生薬で、せきや胸の痛みを鎮める作用があります。

細辛が用いられる代表的な処方に、

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)や麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)などがあります。





漢方用語辞典TOP

カイセイ二日酔いラボTOPへ





二日酔いスッキリ漢方ジヨッキいますぐジヨッキ,515~無料サンプルでスッキリ体験

上に