あなたにもぜひ知ってほしい地元の偉人「月形洗蔵」


 回生薬局代表で漢方家の平野智也が、
健康のこと、歴史のこと、文化のことなど、日々感じたことなどを連載しています。
Vol.01 あなたにもぜひ知ってほしい地元の偉人「月形洗蔵」

みなさま、お元気さまです!
今回は、地元から世界に誇れる、幕末時代の偉人をご紹介したいと思います。

幕末の「薩長同盟」と言えば、皆様は坂本龍馬さんを思い浮かべることと思いますが、実はこの提案者であり最大の功労者は、福岡藩士の月形洗蔵(つきがたせんぞう)さんなのです。

ですが、残念なことにこの事実は、地元の私たちにすらあまり知られていません。

当時、政治的地位をめぐって恨みの残る戦いをし、犬猿の仲であった長州藩と薩摩藩。この両藩に手を結ばせ討幕を実行しようとした人物がいるのです。

それが、今回ご紹介する福岡藩の月形洗蔵。

演劇『月形半平太』のモデルの一人です。

 

征討軍総裁を共に進めていた西郷隆盛が筑前に来訪した際、月形は密かに薩長和解を説き、さらに、長州の高杉晋作が筑前に来た時にも西郷と密会させています。

しかし、事前に計画は露見して、月形ら筑前勤皇党は全員斬首されてしまうのです…。

月形洗蔵たちが目指し、ほぼ9割近く完成していた薩長同盟も水泡に帰してしまいそうになります。

ところが、月形が生前懇意にしていた土佐脱藩者・中岡慎太郎が盟友の坂本龍馬にこのことを話し、薩長同盟の最後の一押しを引き継いだのです。

ドラマや書籍などの影響で坂本龍馬さんが目立ち、月形さんはあまり知られていませんが、地元や近郊の私たちはぜひしっかり知っておきたいことです。

先人を誇りに思うことは、自分自身をも誇りに思うことにつながります。

地元の歴史、しっかりと受け継いでいきたいですね!!

 

福岡市中央区赤坂の石碑