夏の養生


夏の養生

 

夏は陰陽五行でいうと『火』にあたり、臓器は「心」にあたります。

陰陽五行説

夏は心臓や、小腸を傷めやすい時期です。
また、夏は一年のうちで最もエネルギッシュな時期であり「心」の季節です。
「心」は血液循環のエンジンである心臓と、食べ物を血液に変える小腸で構成され、
体内での熱や血液の循環を管理しています。

さらに、精神が宿るところでもあると考えられています。
夏は「心」をいたわることをこころがけましょう。
夏は「喜び」の季節。
嬉しい時には心臓がときめき、血液が全身に行き渡ります。

喜びは心身にとってとてもよいことです。
でも、喜びすぎると、かえって心臓に負担がかかることもあります。
夏の気の養生は、はしゃぎすぎずに、ほどよく楽しみましょう。
また、赤いものや苦いものが良しとされています。赤いトマト、赤ピーマン、人参、など
また、苦味のあるゴーヤ、セロリ、くわい、ぎんなん、らっきょうなどを食べるようにしましょう。

現代人が夏に注意しなくてはいけないのが、水分代謝の乱れです。

水を飲む量が多くなったり、クーラーなどで逆に冷えすぎてしまったり、
汗やおしっこのバランスがうまくとれなくなることもあります。

激しい気温差や極端な水分摂取にならないよう注意しましょう。

ジョッキの効能の一つに「暑気あたり」というのがあります。
つまり、熱中症など、高温時の体内水分代謝異常にも効果があるのです。