秋の養生


秋の養生

 

秋は陰陽五行でいうと『金』にあたり、臓器は「肺」にあたります。

陰陽五行説

秋は肺や、大腸、皮膚などを傷めやすい時期です。

人体は肺と腸で外からのものと接触しています。
ですから、肺や腸は体の免疫の働き、体の中の自衛隊のような働きをしているのです。

秋に、鼻炎・せき・痰・くしゃみ・喘息・アトピーなどが悪化しやすいのは、このためなのです。

 

秋は、なんとなくもの悲しい季節などといいますが、
漢方では、「肺」が弱ると「悲しみ」となって表れると考えられています。

悲しむ感情が多くなると自律神経が乱れてしまいますので、
明るく前向きな気持ちですごすことを心がけましょう。

 

秋には適度に辛いもの(スパイスではなく野菜の辛味)や白い食べ物がよいとされています。

薬味につかうような、大根・しょうが・ネギ・玉ネギ・にんにくなどや、里芋・くず・こんにゃくなどです。

また、秋は、夏の間に過剰に採ってしまった水分が、
気温の低下にともなって、身体に悪さをしはじめる時期です。

夏と同じように苦味のある夏野菜を取りすぎたり、水分摂取したり体を冷やしすぎないよう注意しましょう。