実際の漢方相談の流れ


僕たち回生薬局で漢方相談をお受けする際の、実際の流れをご紹介しますね。
お近くにいらした際は、ぜひ相談にいらしてください。

 

1 お申し込み

まず、ご相談の予約をとっていただきます。
初回のみ1時間~2時間ほどお時間をいただきます。
その関係で、お電話をいただいて、ご相談日時を予約していただいております。

ご相談受付 カイセイ薬局伊万里駅前店
〒848-0041 伊万里市新天町479-1
TEL.0955-24-9033 FAX.0955-24-9041 JR伊万里駅より徒歩3分
営業時間/9:00〜21:00 (年中無休:1月1日のみ休み)

2 お電話でお知らせいただくこと

  • ご相談される方のお名前 ご年齢
    ご家族や配偶者の方がご連絡される場合もあり間違いを防ぐためにもお願いします。

(注意)漢方は、自然治癒力を高める目的で服用するものです。よって、自然治癒力自体が著しく衰えてしまっている方に対しては、効果が望めない場合があるため、回生薬局の漢方相談では、自分の力で店頭まで歩いてこられる健康レベルの方に限らせていただいております。

  • ご相談は初回であるか、2度目以降であるか
  • 初回相談の場合は、ご相談内容で、主に改善したい症状について
  • 初回相談の方は緊急連絡用のお電話番号
    ご予約のお時間になってもお見えにならない場合など、
    こちらから連絡のつくお電話番号をお知らせください(プライバシーポリシーは遵守いたします)

 

3 ご来店前に、準備していただくこと

まず、これまで薬や食べ物でのアレルギーのご経験がある方や、
お薬で副作用のご経験がある方は、その情報を。
現在病院にかかられている方は、
飲まれているお薬の名前(お薬ノートなどで結構です)がわかるようにしておいてください。

また、現在他に飲まれている一般薬やサプリメント、健康食品などの名前もお知らせください。
(健康食品はパッケージをお持ちいただくなど、成分名などがわかると助かります)

(もし可能であれば)血圧などをセルフチェックで測定していただくことがあります。
二の腕に薄手の衣類一枚程度の服装であると助かります。

 

4 ご相談(初回相談)

漢方には、長い歴史の経験から、
どういうことをチェックすると、その方の体質や症状が把握できるかという方法論をまとめた
「選薬質問書」というものがあります。

これの内容をお客さまのお話を聞きながら、該当する項目をチェックさせていただきます。

漢方の専門知識を持ったスタッフがご相談をお受けいたしますので、
普段ご不安に思っていることなど、なんでもおたずねください。

 

5 養生法をお伝えし、お薬をお渡しします。

漢方薬はその方の自然治癒力を応援する応援団のようなものです。
だから、病を治すのは自分自身!なのです。
なので、漢方を飲むだけではなく、それと同時にその人にあった養生法が必要になります。その養生法をお伝えして、漢方相談の一連の流れは終了します。

 

※ 本格的な煎じの漢方薬を試してみたい方へ

漢方薬は、本来生薬を煎じて抽出した薬湯が本来の形です。

回生薬局の中で唯一、カイセイ薬局荒江店では、
漢方薬を薬草から煎じ、飲みやすく一回ずつパッキングする機械を導入しています。

そして同店では煎じ薬の漢方相談も受け付けております。
本格漢方を飲んでみたい方はぜひおたずねください。
カイセイ薬局荒江店の漢方煎じ器
カイセイ薬局 荒江店

〒814-0101 福岡市城南区荒江1丁目25-15 TEL.092-841-2306
営業時間/月曜〜金曜日 8:30~18:30 土曜日 8:30~15:00 日祝日 休み

TEL.092-841-2306

漢方相談してみませんか?TOP
漢方薬の良いところ

「漢方」って何?
漢方と西洋医学の違いについて
漢方のきめ細かな体質判断方法

カイセイ薬局の漢方薬選び
実際の漢方相談の流れ
漢方薬に関するQ&A

漢方薬は副作用がなくて安全?
どんな人でも漢方薬を飲めるの?
漢方薬は長く飲まないと効かない?
漢方薬は、どんなものと飲み合わせても大丈夫?
メーカーが違っても、同じ名前の漢方薬(処方名)なら中身は同じ?
漢方薬は食前、食間に飲まないと効果がでない?
漢方薬って、高いの?