漢方のきめ細やかな体質判断方法


■漢方のきめ細やかな体質判断方法

漢方では、その方の体質を細かく判断するための「証(しょう)」というものさしで考え、この証に注目します。

病気は、各臓器のバランスの乱れと考え、バランスを整えて、身体の歪みを治し、あなたがもともと持っている「治す力」を発揮させていくというコンセプトです。

ですから、漢方薬は、証に合った薬を飲まないと治す力が引き出せないばかりか、副作用がでてくることもあります。

 

大きく分類すると漢方では陰(いん)・陽(よう)、虚(きょ)・実(じつ)、気(き)・血(けつ)・水(すい)の組み合わせで証をみます。

 

まず、陽と陰
陽…内蔵が働きすぎているタイプ 胃でたとえますと胃潰瘍タイプ
陰…内蔵が怠けているタイプ   胃でたとえますと胃もたれタイプ

 

 

 

次に、実証・虚証
実証…体力がある 胃腸が強い、暑がり、体格がっちり 色黒
虚証…体力がない 胃腸が弱い、寒がり、体格華奢   色白

こんな感じで、ざっくりと4つのタイプに分けることができます。

 

陽病・実証タイプ、陰病・実証タイプ、陽病・虚証タイプ、陰病・虚証タイプ

といった具合に分けて、その体質にあったお薬を選んでいくのです。

 

たとえば皆様もよくご存知の、葛根湯や麻黄湯は、陽病・実証タイプの方向けのお薬なんです。

 

気血水

 
気・血・水は、
身体の不調の原因を探るものさしです。

気…自律神経 元気
血…血行
水…水分代謝

 

 

漢方ではその他にも、証を見るためのいろいろなものさしがあります。

望診…顔色、表情、姿勢などをみる
聞診…声の大きさ、話し方、咳の出方などをみる
問診…自覚症状や今までにかかった病気、食事などでみる

などなど。

体質(証)であなたに合った漢方を選び、服用することで、 副作用の心配がなく、より効果的に症状を改善できるんです。

※漢方は、流派によって、様々な解釈の違いがあります。
回生薬局では、「ネオ折衷派」という流派の考え方で漢方相談を行なっています。

漢方相談してみませんか?TOP
漢方薬の良いところ

「漢方」って何?
漢方と西洋医学の違いについて
漢方のきめ細かな体質判断方法

カイセイ薬局の漢方薬選び
実際の漢方相談の流れ
漢方薬に関するQ&A

漢方薬は副作用がなくて安全?
どんな人でも漢方薬を飲めるの?
漢方薬は長く飲まないと効かない?
漢方薬は、どんなものと飲み合わせても大丈夫?
メーカーが違っても、同じ名前の漢方薬(処方名)なら中身は同じ?
漢方薬は食前、食間に飲まないと効果がでない?
漢方薬って、高いの?