漢方は副作用がなくて安全?


皆さんからいただく漢方への疑問・質問をご紹介します。

 漢方薬は副作用がなくて安全?

 漢方薬は、天然成分の生薬で構成されていますので、化学薬品に比べて安全であると言えますが、実は、漢方薬にも副作用はあるのです。

漢方は、体質チェックをして「証」をみながらお薬選びをします。
しかし、その証にあっていないものを選んでしまうと、逆に副作用を起こすことだってあります。

漢方薬は、病気や症状ではなく、その方の体質にあわせるものです。
それを誤って病気に合わせてしまい、体質を無視してどんどん使われてしまったことで、事故が起こった例があります。

厚生省の副作用報告では、食欲不振や慢性肝炎などに使われる漢方薬「小柴胡湯(しょうさいことう)」の副作用の疑いで、1994年1月以降88人が間質性肝炎を起こし、うち10人が死亡していることが報道されたことがあります。

—-厚生労働省副作用報告より—-
94年前期に、頭蓋骨骨折で入院中に慢性C型肝炎と診断された69歳の男性が同薬を投与され、3週間後に発熱などを伴う間質性肺炎を起こし、約4週間後に呼吸不全で死亡したのをはじめ、同年1月以降、いずれも入院中か通院中の10人が死亡していた。
91年には間質性肺炎の副作用が指摘された。92年にはインターフェロンとの併用による副作用症例が増加、この間に副作用の疑いのある死者が9人出たことから、94年1月に、インターフェロンα類との併用が禁忌とされていた。しかし、その後も、併用ではないケースでも副作用報告が続き、死者も出たことから、さらなる注意喚起がのぞまれている。
————————

同薬は、漢方薬の売り上げの3割近くを占める薬で、病院から安易に処方されることが原因であると言われています。
(薬局などで、風邪薬として売られる一般用からは副作用の報告はなかったそうです)

それから、最近「やせ薬」とか、内臓脂肪が気になる方に…
などのキャッチコピーで、大人気の防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)ですが、
漢方の目で見ると、本来メタボリック症候群に使用する薬ではなく、
体全体に、熱のきつい症状の風邪ひきの時などに使用する漢方薬です。

この漢方薬は本来長期に連用しません。
必要以上に服用しすぎると、発汗しすぎて、体を冷やしすぎ、乾燥させます。
体内のエネルギーを奪いすぎて冷え症、消化不良、下痢、食欲不振、腹痛、倦怠感、精力減退などの危険性もあります。

漢方薬は、正しい飲み方をしてこそ安全です。
きちんと体質をチェックして、体にあったものを服用するようにしてくださいね。

 

漢方相談してみませんか?TOP
漢方薬の良いところ

「漢方」って何?
漢方と西洋医学の違いについて
漢方のきめ細かな体質判断方法

カイセイ薬局の漢方薬選び
実際の漢方相談の流れ
漢方薬に関するQ&A

漢方薬は副作用がなくて安全?
どんな人でも漢方薬を飲めるの?
漢方薬は長く飲まないと効かない?
漢方薬は、どんなものと飲み合わせても大丈夫?
メーカーが違っても、同じ名前の漢方薬(処方名)なら中身は同じ?
漢方薬は食前、食間に飲まないと効果がでない?
漢方薬って、高いの?