カイセイ薬局の漢方薬選び


回生薬局の漢方薬選び

数多くある漢方薬の中から、どのような方法や考え方で選ぶのかをご紹介します。

 

■漢方薬の選び方

漢方薬は、あなたに合った処方を選ばなければ、その力を十分発揮することができません。
それどころか、体質に合わない漢方薬が原因で、副作用が出てしまうことだってあるんです。

こうした心配をなくすためにも、僕たちが扱っている漢方薬は、大きく2種類に分類できるものを扱っています。

1)あなたの身体で現在おこっている症状に効く、隋病薬(ずいびょうやく)というグループ
2)あなたのその症状の原因となっている体質に効く、隋証薬(ずいしょうやく)というグループ

このふたつの組み合わせから、あなたに合った漢方薬を導きだすという方法です。

 

■なぜ、「隋病薬」と「隋証薬」の組み合わせを選ぶのか

南極にうかぶ、氷山を想像してみてください。
あなたに今おこっている症状は、丁度水面から上に出た、氷山の一角のようなものです。

しかし、この氷山の水面下には、もっと大きな大きな 氷の塊が隠れています。

氷山

氷山の一角は今の症状、水面下の氷の塊は病気の原因の体質と考えるのです。

これは、漢方の「標(ひょう)」と「本(ほん)」という考え方から来ています。
現在起こっている症状が「標」
原因の体質 が「本」なのです。

漢方では、今起こっている症状よりも、その症状の原因を改善すること(根本解決)をより重要に考えています。

しかし、今現在起こっている辛い症状もなんとかしないといけませんよね。

なので、今起こっている症状「標」に対する漢方と、原因である体質「本」に働く漢方を組み合せるんです。

※ちなみにこの考え方は、丸山瀑樸庵 著の「方罫」という専門書に詳しく書いてあります。

 

■実際の選び方

漢方には、長い歴史の経験から培われた、
「どういうことをチェックすると、その方の体質や症状が把握できるか」
という方法論があります。

そして、それをまとめた「選薬質問書」というものがあります。

 

可能役を選ぶご相談の際には、
この選薬質問書の内容を、お客さまのお話を聞きながら、該当する項目をチェックして把握していくんです。

たとえば、

・ご飯はおいしく食べられていますか?
・打ち身のあとが、とれにくかったりすることがありますか?
・冷たいものが好きですか?あったかいものが好きですか?
・寝汗をかいたりすることがありますか?

というような内容です。
もちろん、その方の症状などによっても注目するところは変わります。

 

■カイセイ薬局で扱う漢方薬

漢方薬は、本来、その人に合わせた生薬を混ぜ合わせて作り、それを煎じて服用するものです。

家で生薬を煎じると、独特の漢方の香りが部屋いっぱいに広がります…(汗)

毎日忙しい現代人は、1日3回煎じて服用するのは大変ですよね。

なので、僕たち回生薬局では、
現代人に合わせて飲みやすくしてある漢方メーカー「ホノミ漢方」をおすすめしています。

もちろんジヨッキもホノミ漢方です。

 

「ホノミ漢方」は現代人の体質やライフスタイルに合うように作られた漢方薬で、
主に飲みやすい錠剤やカプセルタイプになっています。

 

漢方薬は大昔に生まれた薬です。
現代人の体質は大昔とはかなり違ってきているはずです。

「ホノミ漢方」は現代人の体質に合うようにアレンジした「漢方自然薬」なんです。

なので、ネーミングも漢字だらけの「○○湯」などではなく、
ジヨッキとかエッキとかパナパールとか、独特の名前になっているんですよ。

 

また、ホノミ漢方の漢方薬選びには、独特の「ホノミカード」という道具を使います。

よくお客さまからは「占いカードみたい」という感想をいただき、なかなかの評判です。

これは、症状に効くグループのカードと、体質に効くグループのカードを使って、
それぞれチェック項目ごとに絞込んで、最終的にその方にあった組み合わせのカードを選び出すという方法です。

また、僕たちがちゃんと根拠をもってお薬選びをしているのを体感していただくために、
お客さまと一緒にカード操作をやっていきます。なかなか面白いですよ!

 

※なお、カイセイ薬局荒江店では、
薬草から煎じ、一回分ずつパッキングした本格漢方薬の販売も行っています。
本格漢方を飲んでみたい方はぜひおたずねくださいね。

漢方相談してみませんか?TOP
漢方薬の良いところ

「漢方」って何?
漢方と西洋医学の違いについて
漢方のきめ細かな体質判断方法

カイセイ薬局の漢方薬選び
実際の漢方相談の流れ
漢方薬に関するQ&A

漢方薬は副作用がなくて安全?
どんな人でも漢方薬を飲めるの?
漢方薬は長く飲まないと効かない?
漢方薬は、どんなものと飲み合わせても大丈夫?
メーカーが違っても、同じ名前の漢方薬(処方名)なら中身は同じ?
漢方薬は食前、食間に飲まないと効果がでない?
漢方薬って、高いの?