ジヨッキが二日酔いに効くわけ


ジヨッキが二日酔いに効くわけ

ジヨッキが二日酔いに効くわけ

巷にたくさん出回っているお酒サプリと、漢方薬ジヨッキが大きく違う理由。
それは、肝臓だけではなく、腎臓のはたらきも助けてくれるというところなんです。

 

ジヨッキが二日酔いに効くわけを知っていただくために、
身体にアルコールが入ってきたときの動きをたどってみましょう。

肝臓と腎臓のサイクル

お酒は体内で「アセトアルデヒド」という物質に変わります。
これが、身体の中で、吐き気や頭痛などの悪さをする犯人です。

そこでまずは肝臓の出番です。

肝臓は身体における「化学工場」の役割を担当しています。

体内に入ってきた栄養素を、人間の身体に使えるように作り変えたり、
アルコールや老廃物、食べ物に入っている毒素などを分解して、
害の無いように作りかえてくれるはたらきです。

そうすることで、毒素が身体に回ってしまうのを防いでいるんです。

肝臓では、アセトアルデヒドを分解して、
酢酸(さくさん)という物質に作り変えています。

二日酔いをしてしまう原因の一つは、
肝臓がフル回転しても分解が追いつかず、アセトアルデヒドが悪さをし続けるから。

さらに、お酒が分解しきれていない間は、身体に本来必要なはたらきまでも、アルコール解毒が奪ってしまっています。

 

このとき、ジヨッキは、肝臓の処理能力を、速やかに正常な状態まで戻すのを助けてくれるんです。

 

さて、肝臓で毒素を分解された不要物は、血液とともに腎臓に送り出されます。

そこでいよいよ腎臓の出番です。

 

あれ?ひょっとして、
「腎臓って、二日酔いには関係ないのでは…?」
なんて思っていませんか?

肝臓の働きと違って、広く知られてはいませんが、
腎臓と二日酔いにも、大いに関係があるんですよ!!

 

話を元に戻しましょう。

腎臓は身体における「下水処理工場」の役割を担当しています。
肝臓から送られてきた不要物をろ過して、不要な水分と一緒に、おしっことして体外へ排泄させるはたらきです。

もしもこの腎臓のはたらきがなかったら…

ろ過できなかった不要物が身体に回り続けることになります。
せっかく肝臓が解毒を頑張っても、腎臓の「排泄」がなければ骨折り損なんですね。

このとき、ジヨッキが腎臓の排泄能力を助け、不要物がちゃんと体外へ排泄されるように助けてくれるんです。

 

このように、ジヨッキは、肝臓だけではなく、腎臓のはたらきも助ける漢方薬。

肝臓が毒素を分解する能力を助けるだけではなく、
腎臓が不要物を排泄する能力までも助けてくれるんです。

 

さらに、おしっこをひねり出す「利尿剤」とは違い、
むくみなどの原因ともなる不要な水分だけを排泄させる「利水剤」ですから、
身体に無理な負担をかけません。

 

これが漢方の良さでもあるんですよ。

肝腎の両方を助けるジヨッキ。

だから二日酔いに効くんです!!

ジヨッキについて 関連ページ
ジヨッキが二日酔いに効くわけ
あなたを助ける9つの生薬
ジヨッキの効果的な飲み方
健康方程式 IN・OUT・残!
二日酔いだけじゃない!ジヨッキの3大パワー
「ジヨッキ」なんでこんな名前?
ジヨッキは安心の医薬品です
ジヨッキは「真面目な優しさ」でできています