そもそも……「漢方」ってなんですか?


ジヨッキについて、お客様からよくいただくご質問にお答えしています。

そもそも……「漢方」ってなんですか?
あなたは「漢方」と聞くと、どんなことを連想されますか?お薬?
葉っぱで出来た苦いもの…?

いろんなイメージがあるかと思いますし、
語源をきちんと調べるとそれなりの意味はあるのでしょうが、
僕はある尊敬する先生に教えていただいた言葉に共感しています。

「漢方とは、漢の時代に生まれた”方法論”」である…!

漢方とは、あくまで「健康になるためにはどうするか?」という方法論なんですね。
漢方薬は、その人の自然治癒力を高める応援団。

一番大切なのはその人の「健康になりたい」という意思と、実際の行動。
すなわち日頃の「養生」なんです。

 

僕たち日本人の養生とは、昔から語りつがれてきた日本人の生活のスタイルが一番です。

和食、早寝、早起き、よく噛んで腹八分目に食べる、
体を冷やさない、いい汗をかくこと…などなど。

これって、おじいちゃんやおばあちゃんが「こうするといいよ」と教えてくれてきたことですよね。

 

漢方とは方法論。

これは人間の「本来あるべき姿」を教えてくれるものだと思うのです。

 

※コラム「健康は日々の養生から」もあわせてご覧くださいね。

よくあるご質問TOPにもどる