漢方のいのち育ててます その5


写真の鉢植えは、ウスバサイシンです。生薬名を細辛(サイシン)と言います。当店でも大人気の鼻炎薬ホノビエンに入っているとっても貴重な生薬なんです。

細辛の名前の由来は、根っこが細くぴりっと辛い味がするからです。

古来より冷えや冷え症の症状に用いられてきた重要な生薬で、小青竜湯: 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)や麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)などの有名な漢方処方にも使われています。

写真では見えずらいですが、小さなかわいい花も咲いているのです!
こんなカワイイ生薬が、つらい花粉症を助けてくれるなんて…なんだかとっても感動します (o⌒∇⌒o)
サイシン