年齢より老けて見える人、若く見える人の差は、腎の働きの違いなのです。


【シリーズ腎虚(じんきょ):その5】

漢方では、人間が成長し生殖していく働きを「腎」、生命の根本をなすエネルギーを「精」と表現します。
「腎精(じんせい)」は、言ってみれば生命のエネルギーなんですね!
生まれてからこの『腎精』の働きが盛んになってきて、男性は精子をつくりだし、女性は初潮を向かえて子供を授かることができるようになります。

でも、年齢とともに人間が元から持っている力は消耗し、食べ物や養生による補給も追いつかなくなると、腎精が減ってきて老化がはじまります。

a0800_000679
年齢を重ねるということはすばらしいことです。
ただ、人によって 歳より若く見える人、老けて見える人の差があるのはこの腎の働きの違いなのです。

腎を衰えさせないためには、第一に食事や養生が大切です。

でも、漢方は、この腎の働きの衰えを補うことも得意としています。
気になる方はぜひ一度ご相談くださいね。

二日酔いすっきり漢方ジヨッキ