健康はよいOUTから⑤ 戦時中はもっと多かった日本人の便量


a1380_000591
ウンチは体のお掃除のバロメーターです。

現代の日本人の平均便量は約200gくらいだとされています。

しかし、これは戦時中に比べると約半分の量なのです。

戦時中の日本人の平均的な便の大きさは約500グラム近くもあったそうです。

ちなみに当時のアメリカ人は約200グラムです。
太平洋戦争末期、日本軍のいた南の島にアメリカ軍が上陸した時に有名なエピソードがあります。
a0800_000234

アメリカ兵が日本兵の隠れ場所を探すために、便の量を調べていたところ、人数を多く読み間違えたほどだったそうなのです。

そんな我々日本人の便はなぜこんなに量が減ってきたのでしょう?

これは現代の「キレイ(すぎる)社会」に原因があるのです。(つづく)

健康はよいデトックスから 漢方薬ジヨッキ