暴飲暴食をしない


飲んでいる時にできる二日酔い対策 その④暴飲暴食をしない のページです

 

暴飲暴食をしないと二日酔い防止に効果あり
飲み会では、想像以上に胃が酷使されています。

お酒自体により胃の粘膜が荒れたり、長時間色々なものを食べますので、
どうしても胃腸が弱ってしまうのです。
胃腸が弱ってしまうと、 次の日に、 二日酔いの中でも特につら~い「吐き気症状」が出ることが多くなります。

ですから、できるだけ胃腸が荒れないよう、食事量や酒量に注意し、
胃腸の機能を上回るような暴飲暴食は続けないようにしましょう。

       二日酔い防止効果のある食材:アスパラガス

 

その他の、飲んでいる時にできる二日酔い対策はこちらからどうぞ。

 

   ①お酒の席で食べるものを選ぶ

   ②酔ってきたと思ったらセーブする

   ③水分を積極的に取る

   ④暴飲暴食をしない

   ⑤漢方、サプリ、医薬品などを忘れずに飲む