飲む前の二日酔い対策


飲む前にできる二日酔い対策です

まず、二日酔いは

①体内でアルコールを分解するのが追いつかず毒素であるアセトアルデヒドが残ってしまう
②体内でアルコールを分解するのに体が疲れきってしまう

これらの原因で起こります。

ですから、このような状態にならないように、
事前にしっかり準備をすることが、二日酔い対策にとても有効なんです。

 

一番大切なのは、飲み会の2~3日前から休肝日などを設けて、肝臓をやすめてあげること。
これが原則です。

 

ただ、忘年会シーズンなどどうしても飲み会が続いてしまうことはありますよね。

そんな時に出来ることをご紹介します。

 

1 胃腸の調子を整えておく

まず、胃腸を整えておくことです。
胃腸の調子が悪いと、翌日つらい二日酔いに拍車をかけてしまいます。

吐き気などを伴うと薬や飲食物をとるのが困難になってしまうので厄介です。

もし調子が悪いときは胃薬を飲んだりするのも一つの手ですが、
一番いいのはその日はなるべく胃腸に負担をかけない食事などで、用心しておくことです。

 

2 飲む計画をたてる

そして、ある程度の飲む計画をたてておくことです。

楽しい飲み会に無粋な話のようにも思えますが…
あきらかに体調が悪いときなどは、そういう意思決定をしておくことも大切なのではなでしょうか。

計画とは、ある程度、飲むお酒を決めておくこと。

その人の体質やアルコール分解能力によっても異なることではありますが、
色々な種類のお酒を飲んでいると飲みすぎてしまう傾向があります。

なので、今日はこのお酒!と、
ある程度種類を決めておくことをおすすめします。

 

3 医薬品 サプリメントを飲んでおく

あくまでも、普段の健康管理が一番で、体調が悪い時には飲まないのが一番です。
昔から「君子あやうきに近寄らず」と言いますしね!

ただ、そうもいかないのが社会人なのかもしれません。

胃腸が悪いときには胃腸薬、肝臓を元気に働かせたい時にはウコンなど色々ありますが、

やっぱり、肝臓の処理能力を助けると同時に、
身体から余分なアルコールを追い出す腎臓までも助けてくれる漢方薬、ジヨッキがおすすめですよ。

 

まあ、なんといっても…飲みすぎに注意して楽しむことが一番ですよ。