二日酔いになったとき対策


残念ながら二日酔いになってしまったときにもできる対策です

二日酔いの経験があるかたはご存知かと思いますが…

二日酔いの主な症状は、頭痛、吐き気、だるさ、下痢などです。

その原因は、おおざっぱに以下二つです。
1 アルコールを分解しようとしてしきれなかった成分が悪さをする
体内でアルコールは、酵素の働きでアセトアルデヒドに分解されるが, そのアセトアルデヒドの毒性が悪さをする

2. アルコールを分解しようとして身体が疲れきってしまう
身体がアルコールを分解するために、大量の水分と、体内の糖分(血糖)を使います。そのために、水分不足がおこったり、血糖値が低下したり、そのことで身体が疲れきってしまうのです。

ですから、この2つを改善することが、なった後でもできる二日酔い対策になります。

 

 二日酔いの頭痛対策

二日酔いの頭痛の主な原因は、以下の3つです。

1 身体の水分・ミネラル不足
2 アセトアルデヒドの血管への作用
3 低血糖

この3つの原因に対する対策をまず考えていきましょう。

アルコールを飲んでそれを分解する能力は遺伝や体質なので、人それぞれです。
症状の出方や適した対応には、個人差がありますが、試してみてください。

 

1.水分・ミネラルを補う
アルコールを肝臓で代謝する際には、体内の大量の水分とミネラルが消費されているため、
水分だけではなく同時にミネラルも補給する必要があります。

水分とミネラルを同時に補うことができる代表的なものといえば、スポーツドリンクやお味噌汁です。

二日酔いの朝はたいてい気分が悪く、飲んだり食べたりしずらい状態にあるとは思いますが、
飲みやすいほうを選んでください。

2.アセトアルデヒドを中和する
アルコールは、体内で分解される際に、アセトアルデヒドという毒性を持つ物質を作り出します。
そのアセトアルデヒドがつらい頭痛などをひきおこすのです。

この場合の対処としては, 水分補給によりアセトアルデヒドの血中濃度を低くするのが効果的です。

でもなんといっても一番いいのは肝臓を元気にすることです。
肝臓の代謝が進めば、このアセトアルデヒドも消失していくのです。

3.低血糖改善
アルコールが体内に入ると肝臓が分解しようと働くのですが、
その時には体内の血糖を消費します。

ですから、対処としては、水分とミネラル、それから糖分も補給できるスポーツドリンクがおすすめです。

 

 二日酔いの吐き気対策

吐き気。二日酔いの朝のもっともつらい症状といえるでしょう。

この吐き気ですが、実はとても厄介なのです。

なぜなら、対策として飲んだり食べたりすること自体が困難になってしまったり、
せっかく食べたものを吐いてしまうからです。

市販の胃腸薬などを飲まれたりするのが一つの手です。

しばらくは胃腸に負担をかけないように、刺激物や味の濃いものは控えたほうがいいでしょう。

水分とミネラルの補給をしながら身体が回復するのを待つのが基本です。

ただ、漢方の考え方では、吐くことは決して悪いことではありません。
身体が悪いものを追い出そうとしている防御反応なんですよ。

 

 二日酔いに効果があるとされる食べ物をとる

二日酔いに効果のあるとされる食べ物を紹介します。

ただ、吐き気が強いときは逆効果になることもありますので、あくまでも参考にされてください。※印は参照元です。

海産物 肝機能を強化する成分として、タウリンがあります。タウリンは、かき、たこ、いか、しじみ、ほたてなどの海産物に豊富に含 まれています。
(※永田純一「ウコン摂取と生理学的有効性・安全 性との関係」(独)国立健康栄養・栄養研究所)
アスパラガス アスパラガスに含ま れるアミノ酸やミネラルに二日酔いを軽減し、毒素から肝細胞を守る効果があります。(※韓国・済州大学校医科大学の研究結果)
ごま ごまに含まれるセサミンは、アル コール分解に効く成分が豊富です。二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解効果を遺伝子レベルで高めることが最新の研究で明らかになっています。(※サントリー健康科学研究所)
アルコールを分解する作用のある酵素・タンニンとアルコールデヒドロゲナーゼが含まれています。さらに豊富なカリウムが利尿を活発にする効果もあります。(※食の医学館(小学館)、「旬の食材 四季 の果物」(講談社))
カブ アミラーゼやジアスターゼなどの消 化酵素を含み、胃腸に優しく、二日酔いの緩和に効果的です。(※食の医学館(小学館)旬の食材 四季の果物(講談社))
大根おろし 大根の皮の部分にビタミンCが多く含まれる ため、肝臓の活動を活発にしてアセトアルデヒドの分解を助けます。二日酔いの防止と解消には、小鉢一杯ほどの大根おろしを摂取すれば効果があるといわれています。(※出典:「2008 改訂新版 健康・栄養食品事典」)

 

 

 注意!!二日酔いのときのサウナは危険です!!

よく、二日酔いには、サウナ・お風呂で汗を流すのが良いという人が多いですが、
これは場合によってはすごく危険をともないますので控えてください。

アルコールの体内での分解には大量の水分が必要です。
ですから、汗とともに水分を出してしまうのは逆効果です。

サウナなどに入って急激に汗を流すことは、
血液中の水分までが奪われドロドロになった血液が血管を傷つける危険性もあるのです。

昔の人も「深酒をしたら湯船につかるな」と教えています。

くれぐれも注意してくださいね。

 

 

 

以上、二日酔い対策をご紹介しました。

あなたのつらーい二日酔いが、早く治まりますように…!!

 

   ①お酒の席で食べるものを選ぶ

   ②酔ってきたと思ったらセーブする

   ③水分を積極的に取る

   ④暴飲暴食をしない

   ⑤漢方、サプリ、医薬品などを忘れずに飲む