お酒を飲んだ時、ラーメンが食べたくなってしまうのはなぜですか?


お酒を飲んだ時、ラーメンが食べたくなってしまうのはなぜですか?シメのラーメンが大好きです!!!

沢山飲んで満腹のはずなのに、ラーメンのいい匂いがすると、なぜか入ってしまいます。

お酒を飲むとラーメンが食べたくなってしまう人は大勢いると思いますが、
これってどうしてなんでしょうか?

何か理由があったら教えて下さい。

 

シメのラーメンの美味しさ、よくわかります。
どうしてラーメンが食べたくなるのか、僕なりに解説しますね。

アルコールが体内に入ると、アルコールを分解しようと肝臓が忙しく働きます。

ここでアルコールはアセトアルデヒドという物質に分解され、
更にアセトアルデヒドを分解する酵素によって解毒されていきます。

この時、肝臓では血中グルコース(血糖)を消費するのです。

ですから、酔っ払ってくると、糖分が不足しているのを身体が感じて、
手っ取り早く糖分を吸収できる炭水化物がほしくなるのです。

ラーメン屋さんは飲んだ帰りの時間にも営業していますから、ついつい入ってしまうんですよね。

ただ、これはダイエットには天敵です。

お酒も身体の分解ペースにあわせて飲み、急激な血糖値の補給は避けたいものですね。