禁煙席のほうが二日酔いにならないですか?


禁煙席のほうが二日酔いにならないですか?私はタバコの煙が苦手です。

しかし、会社には喫煙者もいるので、飲み会ではその人たちが吸う煙を吸い込むことになり、
その煙で悪酔いして、二日酔いになる気がします。

幸い、今は社内でも禁煙の風潮があるので、飲み会の予約で禁煙席を選べる場合もでてきました。

やはり二日酔いを予防するためにも、禁煙席にしたほうがいいでしょうか?

 

 

吸わない方にとってタバコの煙は不快なものですよね。

結論からいいますと、タバコは二日酔い関係していることが分かっています。
お酒の席でタバコはつきもので、自分は喫煙していなくても、同席者に喫煙者がいると副流煙を吸い込むことになります。

アルコールの分解途中で発生する、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドは、タバコにも含まれていて、喫煙によっても体内に入り込んでしまいます。

アセトアルデヒドは副流煙の中にもあり、喫煙者がいる場合には体内でアセトアルデヒドを作りながらさらにアセトアルデヒドを吸い込んでいることになります。

酒席での喫煙は、自分だけでなく一緒に飲んでいる同席者まで二日酔いにさせてしまうことになります。

お店を選ぶ段階から禁煙の席を選べるのであれば、そのほうがいいでしょう。