タバコを控えることは、二日酔い防止につながりますか?


タバコを控えることは、二日酔い防止につながりますか?私は喫煙者です。
普段はあまり吸わないのですが、お酒を飲んでいるとどうしても吸いたくなってしまいます。

先日、飲み会でタバコを吸っている時に、
友達から「飲みながらタバコを吸うと悪酔いするらしい」と言われました。

思い返すと、確かに飲み過ぎた時にタバコを吸ったら、クラクラした時がありました。
タバコと二日酔いは関係あるでしょうか。

 

 

はい。実は、タバコは二日酔いと密接に関係していることが分かっています。

二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドは、喫煙によっても体内に入り込んでしまいます。

アルコールの分解途中で発生するアセトアルデヒドは、タバコの副流煙の中にも含まれていて、
喫煙者がいる場合には、体内でアセトアルデヒドを作りながら、さらにアセトアルデヒドを吸い込んでいることになるのです。

喫煙者本人は直接吸い込んでいるので、より多くのアセトアルデヒドが体内に存在していることになります。

さらに、タバコはアルコールの分解能力を高める大切な栄養素ビタミンCを壊してしまいます。

喫煙者の方は、二日酔いしないためにもタバコは控えめにされたほうがいいですね。