二日酔いで頭痛がするわけ


どうして二日酔いになるの?

二日酔いで頭痛がするわけ

二日酔いでつらい症状といえば…

なんと言っても「頭痛」ですよね!!

 

この二日酔い頭痛の原因としては、大きく以下の3つがあります。

1) 身体の水分・ミネラル不足
2) アセトアルデヒドの血管への作用
3) 低血糖

 

1) 身体の水分・ミネラル不足

アルコールを肝臓で代謝する際には、体内の水分が大量に使われます。

そうなると、脳の脊髄液の水分も不足してきて、
脳の周辺の神経や筋肉も影響をうけるのでそれが頭痛となります。

また、アルコールを代謝すると同時にミネラルも消費されているため、
水分だけではなくミネラル分も補給する必要があります。

水分とミネラル両方を補給できる、スポーツドリンクや味噌汁などで対処しましょう。

 

2) アセトアルデヒドによる頭痛

アルコールは、体内で分解される際に、アセトアルデヒドという毒性を持つ物質を作り出します。

身体は、毒性のあるアセトアルデヒドを中和するために、
脳に酸素を多く取り入れようするので、脳血管が拡張されます。

それが頭痛の原因となるわけです。

この場合の対処としては、水分補給によりアセトアルデヒドの血中濃度を低くするのも効果的です。

肝臓の代謝が進めば、このアセトアルデヒドも消失していき、頭痛も治まります。

 

3) 低血糖によるもの

アルコールが体内に入ると、アルコールを分解しようと肝臓が忙しく働きます。

ここでアルコールはアセトアルデヒドという物質に分解され、
更にアセトアルデヒドを分解する酵素によって解毒されていきます。

この時、肝臓では血中グルコース(血糖)を消費するのです。
肝臓が忙しく働けば働くほどこの血糖が使われるため、低血糖症状を起こしてしまうのです。

一方で、脳の主なエネルギー源も同じ糖ですから、
肝臓で糖を使ったぶん、脳への供給が不足した状態が続くと……、

疲労感、脱力、集中力の欠如、めまいや頭痛などが引き起こされるのです。

 

ところで・・・
酔っ払ってくるとシメにラーメンが食べたくなりますよね。

これは、糖分が不足しているのを身体が感じて、
手っ取り早く糖分を吸収できる炭水化物がほしくなるからなのです。

でも、塩分やカロリーを考えると、食べ過ぎも考えものです。

こんなときの 対処としては、水分・ミネラル・糖分が全て補給できるスポーツドリンクがおすすめですよ。

 

 

以上、二日酔い頭痛の主な原因を紹介しました。

他には、お酒によるビタミン不足など様々な要因が関係すると考えられます。
また、アルコールを分解する能力は、あくまでも遺伝や体質によるところが大きいもので、人それぞれです。

症状の出方や適した対応には、個人差があることを付け加えておきますね。

二日酔いのメカニズム
二日酔いで頭が痛くなるのはどうして?
二日酔いで吐き気がするのはどうして?
カイセイ二日酔いラボTOP