二日酔いで吐気がするわけ


どうして二日酔いになるの?

二日酔いで吐気がするわけ

二日酔いの朝のつらい症状のひとつに、「いつまでも続く吐き気」がありますね。

本当に思い出すだけでも気持ち悪くなるようです。

通常アルコールは胃から小腸を経て肝臓で分解されます。

ただ、普段よりアルコールを飲みすぎてしますと、 胃腸に負担がかかってアルコール性の急性胃炎を起こし、 吐き気や嘔吐、腹痛や下痢などの症状が出てしまうのです。

 

二日酔いの吐き気は、胃腸が極端に弱ってしまったことによっておこるわけです。

 

しかも、やっかいなことに、回復までにある程度の時間が必要になります。

二日酔いの他の症状、頭痛などについては、不足した水分やミネラルなどの補給で改善しやすいのですが…

吐き気でものをうけつけない状態になってしまうと対策そのものが難しくなってしまうのです。

 

ちなみに、吐くことは決して悪いことではありませんので、心配し過ぎないでくださいね。

吐くことは、確かに本人にとってはつらいことですが、
身体にとって悪いものを、身体の外に追い出そうとしている、防御反応とも言えるのです。

漢方の治療法にも「吐法」「下法」などといって、
吐いたり下したりして解毒する方法もちゃんとあるんですよ。

 

でも、やっぱり嘔吐や下痢の二日酔いにならないように、
胃腸に負担をかけないように、注意しながらお酒を楽しみたいものですね。
お酒を飲むときには、水と交互に飲んだりして、胃腸や肝臓にダメージを与えないようにしましょう。
また、飲み会の時こそ、お料理も良くかんでゆっくり食べるなど、胃腸を労ってあげてくださいね。

二日酔いのメカニズム
二日酔いで頭が痛くなるのはどうして?
二日酔いで吐き気がするのはどうして?
カイセイ二日酔いラボTOP